活動報告リスト

「大きく力強く羽ばたけ!」災害からの復興~視察研修in宮城&福島

シェア

8/1~3、議員研修で宮城県、福島県を訪れ、平成23年3月11日に発生した災害からの復興の現状を視察しました。

災害から9年足らずの間に、行政と住民が力を合わせて大きく力強く羽ばたきかけている姿を目の当たりにすることができ、名取市の沿岸部の復興に力強さを感じました。

特に閖上地区は、沿岸部を5mかさ上げし、震災前に住んでいた人々と行政が「町づくり協議会」を発足させて、「2,100人の町づくり」を見事に成し遂げました。災害にあって、家族や知人が多く亡くなった地で再び町づくりをすることには、誰もが背を向けたがると思われますが、住民とよく協議し、このプロジェクトを成し遂げたことに行政の力を感じました。

国見町では「復旧・復興に向けた町のシンボルに」ということで平成27年5月に新庁舎が完成。木質ハイブリッド鋼材内蔵型集成材を使用し、地元の木材をふんだんに活用した心和む建物でした。

今回の研修では、人の力、人の心、協働の力を充分感じることができました。

岬町議会副議長 道工 晴久>