活動報告リスト

まちの活性化に向けて~視察研修in大分

シェア

1/23~25、議員研修で大分県玖珠町、由布市、九重町を訪問し、まちづくり、まちおこしの為の様々な取り組みを伺いました。

玖珠町は、「日本のアンデルセン」と呼ばれた児童文学者 久留島武彦氏の出身地で、「童話の里」として皆さんに親しまれるよう取り組みを行っています。

街のあちらこちらに童話の主人公の像があり、役場の窓口などもカラフルで曲線を多く使い、柔らかく優しい雰囲気を作っています。

由布市は、由布院温泉や湯平温泉などの豊富な温泉があり、多くの観光客が訪れ、その受け入れ体制を整えています。

九重町は、歩道専用吊橋として日本一高い「九重”夢”大吊橋」や多くの温泉地により観光産業を発展させるとともに、隣接する玖珠町と連携し、合板製造を中心とした工業団地への企業誘致もすすめています。

各自治体の取り組みを参考に、地元の活性化のための様々な施策を考え、実行していきたいと思います。

岬町議会議長 道工 晴久>