ワーキンぱど
1/26号掲載
Waku Waku Workin people(ゼロイチハチ)

「後工程はお客様」関わる全ての人々に安心と満足を提供する。

取材協力: 大阪コンテナーサービス 株式会社 シェア

 食品原料や合成樹脂などの物流には欠かせない、プレコンバッグの洗浄を行う大阪コンテナーサービスに勤める菅原さん。作業工程の中でも特に責任感が必要である、仕上げ工程を任されています。

働くきっかけは?

入社のきっかけは結婚して家族を持った際に、安定してしっかり働くことのできる職場を探していて、この会社を見つけたことから。会社の雰囲気や企業理念、周りのスタッフの働き方を見て決めたのだとか。元々、物作りが好きで、前職も製造業で働かれていたそうです。

社員の方から見た菅原さんは?

上司からは「非常に前向きで、仕事に対して意欲的。今後も色々経験を積んで、会社にとってさらに欠かせない人材になってほしい」との声。現場でチームのまとめ役を任されるなど、今後への期待と確かな仕事への信頼を寄せられています。

この仕事のやりがいは?

自分の携わる全ての工程で不良をおこさず会社の評価を上げていきたいと語る菅原さん。「クレームゼロ」という目標をかかげながら、チームを引っ張り日々、達成感や充実感を得られているのだとか。働く上で大切にしているのは「後工程はお客様」という考え方。会社の業務上、エンドユーザーと直接やりとりすることはなくても、自分たちが洗浄したプレコンバッグを物流に流していく、配送業者、工場などすべての工程に関わる人たちがお客様であるという理念を忘れないようにしているそうです。

 

 

【正社員を目指す求職者へメッセージを!】
 日々、仕事をこなしていくなかで、お互いに信頼し、何でも相談できる関係でないと本当にいい仕事はできないと私は思います。自分の働きやすさにも、商品の品質にも直結する人間関係は仕事を選ぶ上で一番大事です。まずは休憩中に話をしたり働く仲間に興味を持ってチームワークを深めることが大切だと思います。
取材協力
大阪コンテナーサービス 株式会社
職種:製造  / 勤続:6年
菅原 啓吾さん(34歳)