ワーキンぱど
6/30号掲載
Waku Waku Workin people(ゼロイチハチ)

おばあちゃんっ子の元気娘が目指すのは みんなが安らげる第2のお家

取材協力: 株式会社 結愛 小雑賀の家 シェア

 和歌山市小雑賀でデイサービスなどの介護業務を行う「小雑賀の家」で施設の開業から介護福祉士として活躍している吉田さん。前職の医療介護の現場から合わせて10年以上の実績と経験で、デイサービス施設の責任者としてみんなを引っ張る存在です。

働くきっかけは?

「小さい頃からおばあちゃんっ子で、お年寄りの方と接する仕事をしたい」と介護の仕事を志したという吉田さん。「小雑賀の家」では利用者様と本当のおじいちゃん、おばあちゃんと孫のようにフレンドリーに接しています。

社員の方から見た吉田さんは?

同僚からは「やるべきことをしっかりとこなしながら、上に立つ立場として、とても頼りになります」と厚い信頼を寄せられています。職場の雰囲気については、「まるで家族のように仲がいいです♪利用者様にとって第2のお家となれるようにスタッフ同士も仲良く楽しく接するように心がけています」と笑顔で話してくれました。

この仕事のやりがいは?

利用者様と心を通わせ、些細な変化にも気づくことで周りの笑顔を引き出し、その笑顔を見ることでやりがいを感じているそう。「夢は施設の全員が安心とやすらぎを持って過ごせるようなホームにすること」。今後も利用者様とスタッフが家族のように深い絆で繋がった「小雑賀の家」で、元気いっぱいに輝き続けます。

 

【正社員を目指す求職者へメッセージを!】
介護の仕事は大変というイメージを持たれがちですが、実際そんなことはありません。利用者様の昔の話などを聞いて自分も勉強になりますし、疲れている時に利用者様の一言や笑顔を見ると癒されます。先入観を持たずに何事もチャレンジすれば、いいところがきっと見えてくるはずです。
取材協力
株式会社 結愛 小雑賀の家
職種:介護福祉士  / 勤続:5年
吉田 佐千衣さん(29歳)