コラムリスト

健康長寿都市 大阪を目指す!

シェア

 

(H28.10.22記)

皆様、こんにちは。松浪武久です。先日、大阪府は2025年に万博誘致を実現するための基本構想素案を公表しました。テーマ案は『人類の健康・長寿への挑戦』です。今後、誘致のために大阪全体を盛り上げる仕掛けが必要です。

ただ、誘致運動と合わせて、やるべきことがあります。実は、健康で活動的に生活できる健康寿命が、大阪府の男性は、70歳(全国43位)で、女性は72歳と、なんと全国最下位です(H25年)。一昨年(橋下 大阪市長時代)公表された大阪府市医療戦略会議・提言では、「2025年時点で大阪は、東京・名古屋よりも高齢化が進み、年少者の比率も名古屋圏よりも低い。そして高齢化が進むと一気に医療費が膨張する。そんな活力が低下した人口構成だからこそ、大阪府は戦略的に医療改革に取り組むべし」としています。

先日の府議会・健康福祉委員会で、今の大阪にどんな戦略が必要か、問いかけました。

 特に、がん、高血圧症、糖尿病に対して、重点的に対策を打つ。働き盛り世代の健康診断率を向上させ、早期の治療を開始する。肥満防止・食生活の改善など、健康管理に府民全体で取り組む。レセプトなど医療ビッグデータを効果的に活用できるようにする。地域密着型医療・介護連携モデルを実現していく。力の乏しい民間病院の機能再編を進め、経営基盤を安定させる。超高齢社会に対応できる産業の集積・振興を図る・・・。

患者さん本人、行政、医療者、介護者、民間企業、大学がしっかり協力して、全国と比べ遅れている府民の健康を取り戻す。戦略的に健康長寿都市を目指すことこそ、万博誘致の第一歩です。

 

※ご意見は、松浪武久事務所

(泉佐野市上町1-4-18

 TEL.072-462-0255)へ

%e6%9d%be%e6%b5%aa%e6%ad%a6%e4%b9%85_%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%b0%8f%ef%bd%a5%e6%ad%a3%e6%96%b9%e5%bd%a2%ef%bc%89<大阪府議会議員 松浪 武久>